正しいキャッシングの使い方

キャッシングはお金に困ったときに便利なサービスとなりますが、使い方を間違ってしまうと返済で自分自身が困ることにもなります。便利だからと甘えすぎるのではなく、キャッシングを利用するのであればしっかりと考え、計画的にお金を借りるのが基本となります。

 

これはSMBCモビットのキャッシングに限らず、どこで借りるとしても共通しています。「ご利用は計画的に」の言葉の通り、キャッシングは借り入れと返済に計画を持って使っていかないと、せっかくの便利なサービスが台無しになってしまうのです。

 

限度額は自分のお金ではない

キャッシングの契約を行うと、利用者ごとに限度額の設定がされます。カードローンキャッシングの場合であれば限度額は繰り返し借りられる融資枠となり、枠内なら再申し込みをせずとも必要なときにさっとお金が借りられます。

 

借り方は利用先によって異なりますが、多くはカードを使ってATMで、インターネットでの振り込み融資でといった形が一般的です。銀行やコンビニなどの提携ATMでカードを使えば限度額内でお金が借りられてしまうので、まるで銀行口座からお金を引き出しているような感覚に陥ります。

 

利用したての頃はそれでも借金であるとの自覚があるものですが、繰り返しの借り入れに慣れすぎるとキャッシングを利用しているというよりは、自分の口座からお金を引き出していると錯覚してしまう場合があります。

 

「限度額=借りられる金額」ではありますが、それは自分のお金ではなくあくまで借金となりますので、限度額があるからと無駄遣いを重ねるのではなく、緊急時に借りられる備えとして考えておくべきなのです。

 

返せる範囲で借りるのが基本

今では貸金業者からの借り入れは年収の3分の1までと総量規制によって定められていますが、年収の3分の1に満たない借り入れだからと言って全員が余裕のある返済ができるわけではありません。

 

生活環境によっては年収の4分の1程度の借り入れでも返済が厳しい場合があり、それぞれ自分自身にとって余裕のある返済ができるレベルは異なります。

 

毎月の収入と必要な支出から、どの程度の金額まで返済に回せるか、余裕のある返済ができるかを考え、その範囲内でのキャッシング利用に留めなければなりません。借りられるから、限度額があるからと後先を考えずに借りてしまうと、返済ができずに大きな問題となってしまう場合もあるのです。